Qualified EDAs

失禁体験装置:尿失禁感覚再現装置の開発とその応用

亀岡嵩幸, 宮上昌大, 浅井晴貴, 高木省吾, 荒生太一, 市川裕駿, 日下雅博, 大下雅昭

心をどう動かしたいか

「開放感」「羞恥心」「背徳感」「人に語りたくなる(ナラティブ創出)」

アプローチ

尿失禁という日常生活を送っている上で通常であれば出会えない体験を提供する。尿失禁体験をする過程で体験者は徐々に尿意が高まる感覚を得ることで、この後に訪れるであろう感覚への期待と興奮、わずかな恐怖を高め、股間部へ提示される生暖かさに羞恥と解放感、そしてわずかな快感を得てしまったことへの背徳感を覚える。そしてこの一連の体験は体験者自身のみならず体験の一部始終を見る観衆の目によって成り立ち、観衆にも得も言えぬ興味、嫌悪、興奮を感じてもらえるだろう。

動画

論文PDF

情報学広場へのリンク

講評

本研究はまさにQualification制度でないと評価のしにくいタイプの研究であると思います。EDAでは失禁体験装置の面白さを適切に説明できており、実際に体験することで確認できました。また、EDAでは観衆の心の動きも言及していますが、まったくその通りの観衆の反応がデモで観察でき、主張が妥当であることを確認できました。「人に語りたくなる(ナラティブ創出)」については観衆の目に関連するキーワードとして残していますが別の言葉、例えば「衆目との相互作用」などの方が適切かもしれません。


幸福感を提供するVR画像検索システム GaZone

杉本翔, 岡部稜, 喜田将生, 宮森恒

心をどう動かしたいか

「幸福感」「所有感」

アプローチ

非現実的な空間の中で自分の嗜好に合った大量の画像を出現させ,自由自在に周囲に配置して閲覧することが可能となるVRシステムを提供する. 提案システムでは,VR環境で自分の好きな画像群に重力を無視して周囲を囲まれる非現実感を味わうことができる.さらに,画像は閲覧するだけでなく,掴むという直感的な操作で拡大縮小や配置の変更が可能である.これにより,ただ単にWeb上の画像を閲覧しているだけであるにもかかわらず,まるで実際に手元にあるような所有感を味わうことができる. この非現実感と所有感により,ユーザは幸福感を味わうことができる.

動画

論文PDF

情報学広場へのリンク

講評

EDAで述べられている「幸福感」については、アプローチで述べられているとおり好きな画像に囲まれることで実現できていることを確認しました。「所有感」は審査員によって意見が分かれましたが、短期的な体験で画像の配置などまではしなかったことが要因とも考えられます。


以下、修正によってQualifiedと認定されたものを追加予定です。